最近人気のあるビジネスフォンのリースとは?

ビジネスフォンをリースすることで、初期費用を抑える!

3つのビジネスフォン

ビジネスフォンには、購入・リース・レンタルの三種類があります。最近は効率的に利用できるとして、リースが人気があります。リースの特徴を確認してみましょう。

ビジネスフォンは購入?リース?

購入

ビジネスフォンを購入することによって、初期費用の負担が掛かってしまいますが、総費用は抑えることができます。また、自分たちが使いやすい機種を選ぶことができ、中古を購入することでさらに安く済ませることが可能です。

リース

ビジネスフォンのリースは、総費用の負担は多少大きくなりますが、初期費用を抑えることができることが大きなメリットです。また、一定の金額の支払いなので、コスト管理がしやすく、経費として処理することも可能です。

最近人気のあるビジネスフォンのリースとは?

男性

ビジネスフォンのリースとは?

ビジネスフォンを導入する際には、購入をする企業が多くあります。しかし、最近はリースをいう方法があります。リースとは、企業が希望するビジネスフォンをリース会社が新品で購入し、利用期間を決めて契約を結ぶ方法です。レンタルをと似ていますが、新品を利用できる点と、料金の仕組みが異なります。

リースの特徴

ビジネスフォンのリースは、様々なメーカーの最新機器が新品を利用できることが大きなメリットです。また、購入する際にも、まとまった購入資金を準備することもなく、期間中の一定の金額を支払うことで、全額経理処理できます。また、機器はリース会社オものになるので、固定資産税の支払もする必要がありません。

リースの注意点

3~6年の間でリース契約を組むことが多く、期間満了の際には、返却しなければなりません。その為、勝手に処分することができず、期間が満了しなければ、返却することもできません。しかし、アフターサービスが充実しており、故障した時や分からないことがあれば、確認してみましょう。

契約終了後は?

契約期間が終了した際には、再リース・新リースの二種類があります。再リースの際には、同じ機器を利用するので今までの12分の1の費用で済むので、費用を抑えることができます。新リースの場合には、費用はほとんど変わりませんが、新しい機器を利用することができます。

ビジネスフォンのリースの契約流れ

リースの申し込み

まずは、電話またはメールなどでお問い合わせいただき、お客様の仕様・予算などを確認していきます。その後、お客様に見合ったプランを考えていきます。

お見積

お客様の希望に最適な見積もりを提示していきます。様々なプランを提示するので、比較してお選びできます。見積もりに納得いただけたら、お申込みをします。

工事

申し込み完了後、指定の日に工事を行います。工事は、専門の技術者が行うので、安心してご依頼下さい。工事完了後も、利用方法を丁寧に説明していきます。

リース開始

リース初回金支払いをしたら、リースを開始していきます。リース契約中はクーリングオフすることはできません。しかし、保険が適応となる故障などの場合は保障を受けることができます。

リース期間満期

リースの期間が終わったら、再リース・新リースをしていきます。新しい機器に変える必要がない場合には、再リースすることによって、費用を抑えることができます。

広告募集中